北海道 道東 然別川 with 川の釣りガイド・山口さん(当社アドバイザー様)

2017/5/25~2017/5/27にかけて、当社のアドバイザーをしていただいております、北海道十勝の釣りガイド・山口さんをお尋ねさせていただきました。
2017年1月から、正式にアドバイザーを引き受けていただいておりまして、御礼と釣りをご指導いただくために伺いました。

今回は、まずは僕の腕を見たい&教え込みたい(笑)ということで、当日の待ち合わせから、釣りガイド兼指導開始です。

河東郡鹿追町の道の駅「しかおい」に9時30分に待ち合わせ~15時まで釣りガイドという日程を提案いただいておりました。
道東の5月下旬の水温はまだ低めなので、早朝ではなく朝10時くらいからが丁度よいとのこと。
9時30分に到着、ご挨拶のあとに15分程度、本日のガイド内容についてご説明いただきその後に釣り場に移動。
今回は然別川での釣行です。平野部の川で交通の便もよく、ニジマスの生息数も多い川とのこと。
また、昨年の台風で河畔林(川にある森)がほとんど流されて、魚の隠れ家は減ったが人間にとっては入りやすい川となっているようです。
早速、川に移動して釣り開始。

 

まずはドライフライからお教えいただいたのですが、手本の段階でいきなりヒットされていました。
さすがですね。ポイントにタイトループでビシッと放りこんだら一発でした。(魚の写真撮り忘れました。)

 

その後、各ポイントにてどこに投げたら釣れやすいのかを事細かくレクチャーいただき、まさにその通りに投げると、どんどん釣れていきました。
正真正銘のネイティブトラウトを釣れるってほんとうに感動ものですね!

最大で40cmのニジマスも釣れました! 川のネイティブっておそろしいくらいよく引きます!

ヒレピン!

 

5時間の釣行にて、初めての川にて15匹も釣ることができ、また釣れる為の知識や技術もたくさんお教えいただき大満足の一日となりました♪

ドライフライを2.5時間のあと、大物狙いのルースニングを2.5時間教えていただきましたが、ルースニングはドライの10倍難しいとおっしゃっていた意味が分かりました。
山口さんありがとうございましたm(_ _)m

また、釣りが終わった後に、当社アドバイザー様としてのインタビューもさせていただいたので、その内容につきましては後日に再度アップさせていただきます。
いやーまた行きたいですね!
次の北海道は知床にてあの方に会いに、、、

 

 

P.S.
北海道2日目にガイドいただいたのですが、1日目に少し時間があったので同じ道東の士幌フィッシングパークに2時間ほどお邪魔してきました。
その時に釣った70cmのニジマス画像です。

これくらいになると、ニジマスって少し動きが鈍くなると個人的に感じます。(管理釣り場の魚だからかもしれませんが)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL